家庭教師の選び方

家庭教師と子供の相性

当然といえば当然なのですが、家庭教師の中にも当たりハズレはあります。しかし、どの家庭教師が優れているのかということは一概には言えませんし、判断基準にもできません。学校の先生や受験メインの進学塾などの先生の実力を判断するのはさほど難しくなく、生徒数が多いため、生徒の評判を聞けば大抵のことはわかります。ですが、家庭教師の場合基本的に生徒は一人一人ですし、評判も聞きづらいのです。そのため家庭教師を選ぶ時には、自分の子供との相性が良いかというところに重点を置きましょう。このことは家庭教師を選ぶ上で、非常に重要な要素になってきます。小学校受験のお子さまには特に大事なところです。

 

有名大学=優秀な家庭教師か?

親心としては、有名大学に在籍している、または在籍していたという家庭教師を受験対策に自分の子供につけたいと思うかもしれません。実際、有名大学の家庭教師を教えてもらいたいということは良く聞かれることですし、家庭教師派遣会社の方も有名大学の教師というのを売り文句にしているところも数多く存在しています。

 

しかし、よく考えてみましょう。有名大学の生徒は、確実に優秀な教師と言えるでしょうか?答えはノーです。確かに有名大学に在籍している、していたというのはすごい経歴ですし、頭が良く小、中、高と勉強ができ、厳しい受験戦争を勝ち抜いた人であることには間違いないでしょう。ですが、自分で勉強ができても人に教えられるか?ということです。勉強するということと、人に教えるということは全く別のものであると理解しておきましょう。

 

有名大学在籍など頭の良い家庭教師は自分は勉強できていることから、勉強ができない生徒に対して理解が出来ず、どうしてこんな簡単なことがわからないのだろうと、考えわかりやすく説明することをしないかもしれません。考えてみれば、学力に自信がない人間が、家庭教師を希望するわけがありません。基本的に家庭教師を希望している人は頭が良い人、自分で頭がよいと時部している人間なのです。在籍している大学は関係なく、みんなそれなりの学力は持っているため大学の名前で決めるのはあまり有効とはい言えないということになると思います。

 

もちろん、有名大学の家庭教師は駄目といっているわけではなく、ここで言いたいことは、有名大学のネームバリューだけで選ぶのは危険だということなのです。有名大学の家庭教師の中にも優秀な先生はたくさんいますよ。

良い家庭教師は子供をよく見る

それでは、優秀な家庭教師とはどんな人のことなのでしょうか?それは、生徒の性格や、行動をよく観察している家庭教師です。生徒の性格を理解することができなければ、もしも生徒が宿題をやっていなかった時や、やる気を出してくれないといった問題が出てしまったとき、どのような対処をすればよいかわかりません。アドバイスをすることも不可能でしょう。すぐれている家庭教師は、生徒の性格、行動を観察し、理解しようとつとめています。

 

では、このような家庭教師を選ぶにはどうすればよいのでしょう。まず、面接や体験授業をするとき、教師が自分の子供に対して積極的に話しかけているかをみましょう。家庭教師の先生も、この生徒はどんな子かな、この生徒とうまくやれるだろうか?といった不安でいっぱいです。クライアントである家族の方は、家庭教師と性格が合わなければ契約を打ち切ることも可能ですし、基本的には先生よりも上の立場にたっています。ということは、子供と上手くやろうと話しかける家庭教師こそ責任感があり経験が豊富なベテラン家庭教師ということができるのです。