家庭教師を断る場合

家庭教師は家庭に長期間出入りするため家の人間とも当然親しくなりますし、生徒である子供とも親密になることが多いです。とはいえ、ずっと家庭教師を雇っている訳にもいかないですし、問題があれば人を変えたい思うのは当然のことです。しかし、親密になってしまったが故に話は切り出しにくくなってしまっています。ここでは、家庭教師でよくあるトラブルや、家庭教師を変えたい時や断り方に重点をおいて紹介していきます。

家庭教師の期間を始めに決める

まず最初に、家庭教師を頼む場合に契約期間をはじめから明確に決めておくという方法があります。家庭教師を頼むときに夏休みの間だけ、とか受験のある3月までお願いする等、あらかじめ期間を区切っておくのです。家庭教師にも当りハズレがあり、子供との相性が合うのかどうかも解らないのに、はじめから長期の契約をするのは危険です。

 

そこで、あらかじめ期間を少なく限定してお願いするのです。こうしておくと希望と違う家庭教師だった場合は期間が終わればそのまま延長しなければ良いですし、もしも良い家庭教師だった場合には、期間終了後に契約更新を相談すればよいのです。最近では、派遣会社なども短期間の派遣サービスをしているようですので、是非利用していきましょう。ただし、派遣会社に頼む場合には、中途解約や、違約金の有無など契約内容は良く確認しておく必要があります。

上手な家庭教師の断り方

では、期間を限定せずに家庭教師をお願いしたけど、事情により断らなくてはいけない場合の説明をしていきましょう。このような場合が一番気を遣うでしょう。前記のように、家庭教師はその性質上、家庭の事情にある程度は踏み込むことになるので、断りにくいですし、生徒とも中が良くなっている場合もあるでしょう。このような、家庭教師を断るときには、後々トラブルが内容に上手に断りの意志を伝えなければなりません。特に気をつけたいのは、家庭教師のプライドを傷つけないように伝えると言うことでしょう。

 

そのためには、とにかく家庭教師を持ち上げてあなたのせいで断るのではないということを伝えます。理由としては、教師は、どんなことでも自分によって子供が良い方向に変わったとという親御さんから感謝が一番うれしいからです。なので、たとえ生徒の成績が上がらなくても、先生のおかげで子供も明るくなった。勉強机に向かうようになりました。などの、感謝の気持ちを伝えることが大切です。もし、断られた場合でも、事情で止めざるを得ませんがあなたには感謝していますというスタンスを強調するのです。そうすることによって家庭教師は、自分のせいではないと考えるため心の負担がかるくなり気持ちよく止めていくことができるのです。