家庭教師の種類

家庭教師には、家庭教師センターから派遣されるプロの家庭教師と学生などがアルバイトとしてやっている個人の家庭教師があり、さらに、家庭教師センターには大きく分けて「家庭教師派遣」と「家庭教師紹介」の2つに分かれます。それぞれの特徴を理解して、さらに、学習の目的によって上手に選ぶ必要があるのです。

 

 

プロの家庭教師の特徴

入るのが難しい学校に生徒を合格させることが彼らの仕事です。受験に役立つ知識が豊富で、受験問題に特化した授業が得意です。個人の家庭教師では絶対に不可能な指導が行えるため、個人の家庭教師よりも指導料は高めになってしまうでしょう。このように長所は指導経験、指導実績に裏打ちされた指導能力にあことですが、「プロ」と名乗ってはいますが実力を判別する方法はこちらがわにはありません。今までどのどんな生徒を何人程度指導してきたかなど、細かいデータもないため、もし真剣に志望校合格を目指すなら、どこの学校に何人くらい合格させたかぐらいのシビアなチェックを面接時にすることをオススメします。

個人家庭教師の特徴

プロのような完璧な指導力は望めませんが、子供との年齢が近いため、生徒と同じ目線に立つことができ、フレンドリーに接すことができるため、場合によっては学力向上以上の効果が期待できます。また、一般的にプロ教師に比べて時給が低いため金銭面でもお得となり、家庭の負担も少なくなるでしょう。このように長所は生徒に親しみやすい授業が期待できるということと、大学内の新鮮な情報を子供が知ることが出来るという点です。生徒が教師から大学などの情報を聞くことによって意識がたかまりモチベーションの向上に繋がりひいては、学力が向上するという場合も多いそうです。しかし、教師と生徒の相性が最も、重要になるためはずれを引くことも覚悟しなければなりません。また、学生アルバイトなので、長期間の契約はほぼ無理でしょう。

どちらにするのが良いのか?

さて、それではどちらを選べば効果的なのでしょう?今一度自分の子供の学習状況はどうなっているかを考えてみましょう。自発的に机に向かっているか、向かったとしても学習に集中できているのかといったことです。子供のの現在の学力や、学習状況、受験する志望校で家庭教師に何を望むかということが解ってくるのではないでしょうか?

 

学校での勉強の予習、復習をしっかりさせたいといった学習意欲の問題を解決したい場合に、家庭教師を考えているなら、子供のの目線に立って気軽に授業を行う学生の個人家庭教師で十分でしょう。一方、難関校の受験を控えていて、大幅な学力アップを短期間で行いたいといった場合には、経験を積んでいるプロ家庭教師をやとわないと目標は果たせないでしょう。このように、今の状況と目的を考えた上で家庭教師選ぶということが一番重要なことなのです。

 

子供の目線に立ったフレンドリーな授業を行うことを得意としている学生家庭教師と、プロのノウハウをもって受験に特化した家庭教師では、どちらがいいということではなく、目的によって使い分けるものだといえます。一番良いのは学力があがり、さらに自分の子供と性格が合っている教師を選ぶことです。家庭教師選びに迷ったら、まずは何をしたいのか、どんな学校を受験するのかという目的を今一度、見直してみると自ずと答えは出るでしょう。