塾と家庭教師

家庭教師が良いのか、塾に通わせた方が良いのかで迷っている人は多くいるでしょう。家庭教師と塾講師の違いは簡単に言えば個人か団体かということでしょう。大勢の生徒を一緒に教えている塾ではどうしても授業の進み方にばらつきが出てしまいます。また、個人の進み方に合わせることが出来ないため学校のように、取り残されてしまう生徒が出るおそれもあります。一方、家庭教師ではそんなことは起こりません。どんなに勉強の進みが遅いからといって一対一なので置いていかれることはありませんし、質問もしやすいことでしょう。このような柔軟性が家庭教師の魅力ともいえます。しかし、塾には授業の進みがはやく、効果も出やすいといったメリットもありどちらがよいかは意見の分かれるところでしょう。

授業が進む早さ

基本的に塾には学校と同じようにカリキュラムが存在しており、一回の授業で扱うべき内容が決まっているところがほとんどです。生徒たちはそのカリキュラムに沿って授業を受けるため一斉に同じ内容の勉強をすることになります。ですが、その生徒の中には理解が遅い子供もいて、その日の授業についていけないということも十分考えられます。塾のほうもそのことには気づいていますが、一人の子供に合わせて授業の内容を遅らせるわけにはいかないのです。そのため、どうしてもクラスに何人かはついていけず、リタイヤしてしまう生徒も出てきてしまいます。塾の授業はカリキュラム中心でありそうしなけば、その通りに進行することは不可能になってしまうのです。

 

しかし、理解が遅いからといって、頭が悪いわけではありませんよね。納得のいくまで考えてしまうため深く理解するまで先に進めない生徒や、解らないからと最初から諦めているだけの生徒もいるかもしれません。このような生徒は、教える側が根気よく説明し生徒にゆっくりと理解させてやれば、進みの速い生徒よりも伸びたりすることも珍しくありません。場合によっては、理解が早い生徒よりもこのようにゆっくりと納得するまで考えた生徒のが最終的に志望校に合格したりするのです。

 

このような生徒さんに向いているのが、家庭教師といえるでしょう。カリキュラムに捕らわれない家庭教師は。生徒と数時間二人だけでゆっくりと説明することができるため、生徒がわからない場所に長い時間を掛けて教えることが出来るからです。とはいえ、この家庭教師にがカリキュラムがないというメリットは、弱点でもあるのです。授業の進行はすべて家庭教師の裁量に任せられるため場合によっては、授業がなかなか進まなかったり、成果が得点となって反映されるまでに時間がかかったりといったデメリットになってしまうことがあるのです。

家庭教師のレベルは低いのか

また、塾に通うメリットとして塾の講師はレベルが高いということがあります。塾の教師は大勢の生徒の前で講義するため失敗が許されないシビアな評価をされます。さらに、塾にもよるのですが、講師として教壇に立つために何十時間もの研修を受け、模擬授業などをクリアして初めて教壇に立てる当場合もあります。塾講師の方が家庭教師の給与より高いのも、塾講師は基本的にレベルの高い指導力を持っているからなのです。このような理由から、塾の講師の質は高いと言い切ってしまってもかまわないでしょう。

 

さてそれでは、家庭教師は塾に対して劣っているのでしょうか。一概そうはいえません。家庭教師の場合も、派遣会社から派遣される前には厳しい研修を受けてから派遣される場合も増えてきました。とはいえ、家庭教師の場合には多くが大学の学生であるため指導力といった面では塾講師に分があるでしょう。しかし、大学生とういう若さは塾講師には無いものです。生徒と比較的に年齢も近く、生徒の悩みも解ってあげらるため、生徒も気を遣わずスムーズに勉強をがんばれると言うことも十分にあるからです。